この記事をシェアする

英文校正と専門分野

様々な分野に対応できる

例えば、微生物や生物遺伝などに関してはバイオテクノロジー分野の専門家が必要です。
化学物質の輸入や届け出も化学物質審査規定法に則ったものでなければならないので化学物質管理分野に詳しい人材であることが求められます。
高度な論文や研究文書には様々な専門分野が存在します。
業者が対応しているものを分野別で参照すると、例えば歯科薬学、生物学、農学、物理学、経済学、人文学など様々の種類に分かれています。
かなり大きな会社では専門分野が1200種類もあると言います。
これだけ種類があれば求めている分野のエキスパートもきっと見つかるでしょう。
医学であっても、麻酔学、臨床医学など細かな分野に長けた人材をプロフィールから見つけ出すこともできます。

論文ばかりではない英文校正

論文や専門誌以外にはどの様なことで英文校正は依頼されることがあるのでしょうか。
大学入試に提出するための文書や、社内文書、外資系企業への入社試験の一部などで力を借りることも多いようです。
企業のグローバル化において英文によるプレゼンテーションも増えています。
またマーケティング会社などでWebサイトの作成から発信のための英語コンテンツを作るために英文校正を利用する人も大変多くなってきています。
この様な場合もネイティブによるチェックは必須と言います。
プレゼン用と依頼して校閲してもらい口語調にもスピーチ用にも作成してもらえます。
添付ファイルで音声録音のサービスもありネイティブに近い話し方の練習もできるのでありがたいですね。