この記事をシェアする

一般的な料金の相場は

プランによって異なる金額

料金はプランによって違ってきます。納期が当日、1日、2日と選択でき、当然ながら早い納期は金額も高くなります。
単語の数で金額が違うパターンと一定の金額設定がある場合とがありますが、ほとんどが1単語幾らで設定されています。
納期と単語数で金額がシュミレーションできるものがあるので利用してみると大まかな見積もりが出せます。
またスタンダードな校正と念入りなプレミアムとも金額は違ってきます。
通常の英文校正と、論文校正、英文添削などの種類があり、英文添削はかなり高度で理解が困難な文章全体の再構成が行われるものは単価が通常の英文校正の2倍以上にもなります。
それぞれHPなどで対応できる原稿形式も記載がありますのでよく確認しましょう。

大まかな費用の予想

研究に関する論文などでは研究費の中でやり繰りするのが難しく費用削減の中に校正費を入れてしまうことも多いでしょう。
英語が得意な人に頼んだり、アプリを使ったりほかの手段に頼る場合もありますが、学術誌は審査も厳しく理解できない表現があったりすると論文そのものの評価に影響します。
英文校正の料金は一般的相場を出すのは難しいですが、そもそも論文は投稿雑誌で単語数の指定があります。
一部の専門誌を参照すると研究論文で4500語、レビュー論文では6000語などとなっていますから、それくらいを想定すると論文で単価が20円なら9万円、納期に余裕があれば5万円程までに抑えられます。
ほぼスタンダードとプレミアムの中間ほどの金額になります。