この記事をシェアする

業者を選ぶ時の注意点

業者選びのポイント

忙しい人は24時間対応してくれることを望む場合が多いでしょう。
またコースが選べることも人気の条件です。
例えば英語も日本語もできるバイリンガルか英語のみのネイティブかの選択ができるなどはありがたいですね。
納品期間も重要で、提出までの日数が少なく急を要する場合は、その日のうちに納品してほしいという希望も多いようです。
内容によって英語でもイギリス英語かアメリカ英語かの指定ができたり、校正レベルの選択ができるよう多くの業者が設定しています。
内容や流れに自信がある場合は調整と文章の使い方、スペルチェックなどの基本的なものを希望するのですが、自信がないかあるいは専門度が高い場合は、念入りに全体を把握した添削を希望する人が多いです。
納品は数多くの種類のファイルに対応してくれる、質問に対する回答があるなども考慮してほしいですね。

依頼する側の注意点

重要な論文や研究書、ビジネス広告どれにしても納期に余裕を持たせてほしいと依頼される側は思います。
講師との間で質問に答えたりなどのやり取りがやりにくいため完成度に影響があるかも知れません。
提出先の規定を依頼者も依頼される側も充分に理解することも大切です。
原稿ファイルは修正履歴機能が備わっているようなソフトを利用したファイルの種類が望ましいかと思います。
また研究書や論文では校正者は一度全体を読んで把握してそれから校正の作業に入るため、未完成の文書では着手できません。
必ず完成作品の提出を求められます。
提出して再度変更したい希望がある場合はまた一から始める作業になります。
必ず訂正の予定のない完成品を送ることが大切です。
どこに提出する文書であるかを伝えてください。
提出先にはその会社の執筆に関するルールがあります。
校正者はそのルールを理解してルールに沿った内容であるかを判断する必要もあるのです。